---スポンサードリンク---

お役立ちガイド

【定期】3/7(木)仮想通貨ニュース|バイナンス(Binance)でハッキング騒動?神対応の内容

投稿日:

【定期】3/7(木)仮想通貨ニュース|バイナンス(Binance)でハッキング騒動?神対応の内容

---スポンサードリンク---

バイナンスでハッキング騒動


バイナンスは不規則な取引を取り消し、ハックについてコミュニティの混乱の中で取引を再開Binanceのハックは失敗し、不規則な取引が取り消され、Binanceは取引活動を再開しました。

「バイナンスでハッキング騒動が起きました。

取引botを使っている人のAPIキーを操作して、アカウントを乗っ取り、アルトコインが勝手に売られる状況とのことで、「VIA」コインを買われているというものでした。

これに対して、バイナンスのCEOであるCZ氏のツイートで

“すべての資産は安全です。一部のアカウントは、フィッシングサイトから侵害されている可能性があります。まだ調査中ですが、すべての資産は安全です。”

バイナンスはすべての不規則な取引を取り消しました。すべての預金、取引および引出しが再開されます。まもなく起こったことのより詳細な記述を書くでしょう。興味深いことに、この試みの間、ハッカーはコインを失った。これをBinance Charityに寄付します。

バイナンスが神対応と言われてますね。

GMOコイン・Zaif(ザイフ)・コインチェック業務改善命令


仮想通貨事業者に対して、行政処分に関する発表があった。対象になったのは下記7社となっている。コインチェックのNEM流出、Zaifのシステム障害問題などが立て続けに発生し、今後どのように金融庁が対応していくのかが注目されていた。
FSHO、ビットステーションは、1カ月の業務停止命令となり、その他事業者は業務改善命令となっている。共通しているのは、本日より15日後の3月22日までに業務改善計画を提出するということだ。処分対象となった各社に対する内容は下記だ。

【仮想通貨交換業者】
GMOコイン株式会社:業務改善
テックビューロ(Zaif):業務改善

【みなし仮想通貨交換業者】
コインチェック:業務改善
FSHO:1カ月業務停止、業務改善
ビットステーション:1カ月業務停止、業務改善
バイクリメンツ:業務改善
ミスターエクスチェンジ:業務改善

ていうか早くコインチェックの凍結解除してくれないですかね、、、

仮想通貨を私的流用 名古屋の交換業者幹部

金融庁は8日、仮想通貨交換業者「ビットステーション」(名古屋市)が、顧客から預かった仮想通貨を私的に流用していた同社の幹部を刑事告発したと明らかにした。

色々と話題に事欠かないですね、、
内部犯行とかマジで信用性疑われますね、、
記事によると誤りのようですがどうなんですかね。

-お役立ちガイド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

初心者にオススメの取引所

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
取引量「NO.1」安心安全!
ビットフライヤーは、ビットコインにレバレッジをかける、ビットコインFXで勝負するには最適です♪