---スポンサードリンク---

AirDrop

仮想通貨 | AirDrop(エアドロップ)って何?

投稿日:2018年2月19日 更新日:

AirDrop(エアードロップ)
仮想通貨における「Airdrop」通称「エアドロ」とも言いますね。
iOSにも同じ名前の機能がありますがそれとは違います。

仮想通貨のirDrop(エアドロップ)は、「コインが無料でもらえる」仕組みです。


---スポンサードリンク---

エアドロップの仕組み

もらえる枚数はコインによって違いますが、上場して数百倍になっるなんてことも、、!
過去には「OmiseGo(OMG)」や「byteball」といった有名なアルトコインもエアドロップが行われました。

エアドロップの目的としては、コインの認知度を上げるといのが一番の目的となります。

よくICOと勘違いされている方がいらっしゃいますが、「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」「トークンセール」などとも呼ばれます。
こちらはトークンを購入することになりますので「タダ」ではありません。
エアドロップはICOに比べてコインをタダでもらうことができ、ノーリスクということになります。

エアドロップのデメリットは?

現状ではエアドロップが行われるコインがたくさんあります。
デメリットと言えることは特にないですが、注意点とどのような手間がかかるか書きたいと思います。

◆エアドロップ参加登録方法
エアドロップの取得方法はほとんどが同じような流れになっています。
下記が主な登録内容です。

  • ・アドレスとパスワードを入力してログイン
  • ・テレグラムに参加
  • ・表示されたコードを入力
  • ・マイイーサウォレットアドレスを入力
  • ・Twitterをフォロー&固定ツイートをRT
  • ・ディスコードに参加
  • ・表示されたコードを入力

主な内容としてはこのあたりになります。

エアドロップに参加するには最低でも「Twitter」「tergum(テレグラム)」「MyetherWallet」の登録が必要になります。
はじめての方には手間になりますね。。
ただ、各アカウントを制作するのは非常に簡単です。
登録してしまえば後はエアドロップに参加するだけですので、時間がある時にサクッと登録しちゃいましょう。

→tergum(テレグラム)登録方法

MyetherWallet登録方法

※記事作成中

◆エアドロップ参加における注意点
エアドロップを行っているコインは非常にたくさん存在します。
基本的にお金を払っているわけではないので、ノーリスクではありますが、エアドロップを受け取る「マイイーサウォレット」のアドレスは使い分けた方がいいと思います。

例えば、「通常使用」「ICO用」「エアドロップ用」などです。
Airdropでマイイーサウォレットアドレス(MEW)をばんばん晒すので、もしものことを考えて分けることを推奨します。
ハッキングされたら丸損ですし、少ないながらもエアドロップからハッキングも見られますので、自分は今回万全をきすため使い分けを推奨します。

ちなみマイイーサウォレットアドレス(MEW)アカウントはいくつでも可能です。
登録方法も簡単ですので、取得することをおススメします。

資金量が少なく、やる気MAXの方はアカウントを100個作ってエアドロップに参加するような強者もいるようです、、!

皆さんこれを機会にエアドロップに参加してみたはいかがでしょうか?
ちなみに私は30くらい参加してます♪

-AirDrop

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

初心者にオススメの取引所

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
取引量「NO.1」安心安全!
ビットフライヤーは、ビットコインにレバレッジをかける、ビットコインFXで勝負するには最適です♪