---スポンサードリンク---

お役立ちガイド

ビットコイン(Bitcoin)とは?仕組みや機能など初心者にわかりやすく紹介!

投稿日:

仮想通貨って何?ビットコインのこと?
日を追うごとにビットコインの注目度は上がってきていますね。
ニュースなどでも「ビットコインの値段が100万円を突破!」など景気のいい話が流れていますね。
認知度も上がってきているますので、今のうちに知っておくことは決して損でないと思います!
今回は沸騰中のビットコインについて紹介していきたいと思います。

---スポンサードリンク---

ビットコインは仮想通貨の王様

仮想通貨とは

ビットコイン(Bitcoin)とは?
ビットコインは、仮想通貨を代表する銘柄で、仮想の通貨です。
ビットコインはお金であり、円やドルが「お金」であることと変わりありません。
「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。
ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。

ただし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。
ビットコインは、仮想の通貨なのです。

仮想通貨としてイメージしやすいのは、アプリゲームや特定のWebサイトがあります。
アイテムなどを購入するためのゲーム内通貨や特定のWebサイトでのみで使える仮想通貨などです。
利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するという仕組みなどイメージしやすいのではないでしょうか。

ビットコインも似ており、ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが「使える」場所で物やサービスを買うことができます。

ビットコインの優位性は?

ビットコイン(Bitcoin)とは?
先の例で紹介したような仮想通貨とビットコインは、存在している理由が全く違います。

特定のゲームやWebサイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって仮想通貨の運営主体であるゲームやWeb サイトの運営会社が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨です。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。
仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ですが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

ビットコインと電子マネーの違いは?

ビットコイン(Bitcoin)とは?
仮想通貨と似たような概念として、電子マネーがあります。
ビットコインを説明する上で、電子マネーと比較することで理解しやすくなります。

電子マネーはその名の通り、紙幣や硬貨を使わないで、電子的に決済を行います。
オンラインで決済を実行するタイプもあれば、最近主力になりつつあるセブンのnanacoやJRのSuicaなどの非接触型の決済方法もあります。

すでに私たちの日常生活に浸透しており、小銭を財布から出す手間もかからず非常に便利です。
ビットコインも、電子マネーとして使える特徴を持っています。

ではビットコインは電子マネーなのかというと電子マネー以上の自由度があるのが特徴です。
電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って決済します。
利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておくことになります。
ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替します。
円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いができます。

両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です。
ビットコインでの支払いを受け付けているお店で、電子的にビットコインでの決済を実行します。
すると、自分の所有しているビットコインが減り、お店の所有しているビットコインが増えます。

ビットコインは通貨であり、円やドルと違って仮想ではありますが通貨です。
電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できる仕組みです。
ここに仮想通貨と電子マネーの違いがあります。

ビットコインを使うメリットは?

ビットコイン(Bitcoin)とは?
国家や企業が関与していないので、個人間の送金においては、大きなメリットが存在します。

個人間で直接送金が可能

一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。
ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができます。

手数料が無料か格安

仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。
銀行送金、クレジットカード支払いは一定の手数料が存在します。
そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。
個人間の取引には非常にメリットがあります。

制限が存在しない

ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。
お金の流通の自由度が格段に高いのが特徴です。
国によって通貨の単位が異なるといった特徴もないので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。
現在でもビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ビットコインはどこに保存されているの?

ここを不安に思られる方が多いと思いますが、保存する場所も自由度が高いです。
ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。
これは円で言えば、ネット銀行口座のイメージです。

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し決済に利用します。

円やドルでの決済と同じように、ビットコインでの決済でも、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。
海外旅行に行ったらその土地の通貨に両替するのと同じ考え方です。
ただし、円やドルと違ってまだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これからの普及が非常に大きな課題となっています。

ビットコインの仕組みと管理は?

ビットコイン(Bitcoin)とは?
ビットコインと他の通貨と比較して最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しないということです。
ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。
円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。

誰がビットコインを発行し、流通を管理しているかですが、常識的に考えれば、誰も管理していない通貨は、非常にリスクが高いですね。

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。
ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、コンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みになっています。
ビットコインで行われた取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているイメージです。

この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。
全ての記録が残り取引の安全性は担保されますが、その記録に個人情報は含まれません。
記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。

1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、これまでの通貨と同じです。
ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要にする仕組みなのです。

取引の整合性を保証するための1つの大きな取引台帳なのに、そのデータが分散されてて保存されていたら、取引記録に不整合が発生してしまいそうです。
しかし、ビットコインはこの解決策を生み出したために、今日に至る広がりをみせています。

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)

ビットコイン(Bitcoin)とは?
ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。
その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生した全ての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現していますが、膨大な計算量が必要となります。
分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。
追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用される作業の報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。
つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こります。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼びます。
コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。
そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)のみです。
そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(1つの大きな取引台帳の更新作業)を行っているのです。

採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか?

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。
また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。
そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万Bitcoinとされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。



ビットコインの歴史と目指す社会

ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって提唱されました。

それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され公開されました。
そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。
開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。
そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

参考:bitflyer

ビットコインの将来性を考えて投資する

ビットコイン(Bitcoin)とは?
いかがでしょうか。
ビットコインがそんなに怪しいものではないことがわかったと思います。
今後、実用される未来への可能性を感じたのではないでしょうか。

現在の世界人口は約73億人でビットコインの発行上限は2,100万です。
現状で、約1,700万枚弱が発行されていますが、これだと1人あたり約0.0029枚です。
価格が高騰しているのはこの希少性も関わっています。

1000円でもビットコインを買うことは可能です。
まずは、小額から仮想通貨に触れてみることが大切ではないでしょうか♪

初心者にオススメの取引所

仮想通貨は取引所で購入します。
証券会社と同じように複数の業者が取引所を扱っています。
下記取引所が操作が簡単で、初心者の方にはオススメです♪

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
取引量「NO.1」安心安全!
利用者も多いので初心者でも始めやすく、また資本金が多く安全性が高いのが特徴です。
さらにビットコイン取引量は世界No.1となっており、主にビットコインの売買がしたい方にもピッタリ!

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
使いやすい操作画面で、国内最大級の仮想通貨の種類がラインナップ!
ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)、などなどスマホから簡単に購入でき1,000円からでもはじめられますよ♪

-お役立ちガイド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

初心者にオススメの取引所

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
取引量「NO.1」安心安全!
ビットフライヤーは、ビットコインにレバレッジをかける、ビットコインFXで勝負するには最適です♪